意外と知らないことも|高級賃貸で日常をリッチに|執事付きのマンション

高級賃貸で日常をリッチに|執事付きのマンション

婦人

意外と知らないことも

マンション

大きく分けて二つあります

地震は、日本に住んでいる以上は避けて通れない問題です。そのため、地震に強い家を作るための研究が、国内の多くの建設会社で、今もなお行われています。住宅を新築する場合は、地震に強い家を考えられるでしょうし、完成見学会や説明会でも、各社が独自の地震対策技術をアピールしています。構造見学会として、地震対策を見学できる機会もあります。地震対策の方法は、大きく分けて二つあります。ひとつは、住宅自体の強度を上げることで、地震の揺れに耐えられる家を作る方法です。これは、耐震性を高めるというものです。もうひとつは、免震性と言われるもので、地震の揺れを家になるべく伝えにくくする設備を設置し、地震の揺れによって家が壊れることを防ぐ仕組みです。

お財布と相談を

耐震性と免震性ですが、どちらも地震に強い家であることには変わりがありません。方式の違いによって異なるのは、両者の金額です。耐震性は、住宅自体に備わっているものですので、そのメーカーの住宅の基本的な仕様として設定されていることが多いです。金額も、基本的な金額の範囲で見積もられることになります。免震性は、基礎と住宅本体の間に衝撃吸収できる設備を設置するものですが、これがオプション扱いになることが多いです。つまり、耐震性が備わっているものに、免震性をプラスして、さらに地震に強くすることができるという考え方です。心配しすぎるのは良くありませんが、予算を見ながら、地震に強い家になるように検討されると良いです。